イメージ画像

尾行調査なら東京の探偵が優秀なのをご存じですか?

広告や宣伝でよく見かける探偵の「調査力」

探偵や興信所の広告・宣伝やウェブサイトを見ていると、「調査力」という言葉を見かける機会が多いのではないかと思います。
「調査力には自信あり」「高い調査力」等のように用いられていますが、 探偵に調査を依頼したことがある方や探偵事務所で働いている人間でない限り実感しにくいのではないでしょうか。

正直なところ、いくら探偵社や興信所が調査力をアピールしても、 その探偵社や探偵個人の能力を知る機会はないに等しく、これから相談や依頼をしようとする方が外部から判断できることは限られています。
「探偵の調査力」を計る上で考えられる基準について書いてみました。

①営業実績が長い
単純に考えれば営業実績が長いということは「それだけ続けられる調査力がある」と判断することもできます。
しかし、探偵業界は現場の調査員の入れ替わりが激しい方だと思われます。
肉体的・精神的に決して楽ではありませんし、労働条件・環境も良いとは言えない状況で、いわゆるブラックな体質が探偵業界にもあるのです。
つまり、営業実績が長くても、経験のある調査員を多数揃えているというわけではありません。
そういったことから単純に営業実績の長さだけで調査力があると判断するのは早計です。
むしろ経験のあるベテラン調査員が独立起業すれば調査力のある探偵事務所となるかもしれません。
なのであくまで一つの目安だということです。

②調査員を現場に同時に多く出せる
これも単純に考えると、現場に出ている調査員の数が多いほど調査力は上がります。
尾行・張り込み現場では、複数人数による役割分担によって対応力を高めることができます。
なので同時に多くの調査員を動かせる探偵社は調査力があると言えますが、 調査員の数が多ければ多いほど通常は調査料金(人件費)が高くはなります。

③全国各地に支社がある
全国規模の探偵社というのはほとんどなく、あっても本部に比べて小規模だったり、事務所や電話回線をおいているだけのケースが多いです。
但し、本当に全国各地に調査員が展開していれば、いざという時に各地での対応が利きやすいと言えるでしょう。
フランチャイズによる全国展開に関していえば、各事務所で独立採算制なのでそれぞれがただで動けるわけではありません。

④可能な調査が多い
探偵社によって調査できる項目が異なる場合があります。
尾行・張り込みに関しては比較が難しいため、可能な調査が多い方が調査力のある探偵事務所と言えるかもしれません。


上記のような点が挙げられますが、あくまで目安程度にしかならず、 どんな調査をしたいのか、どれだけの予算があるのか、どの地域の探偵事務所なら訪問できるのかなど、ご自身の都合も考慮する必要が出てきます。

結局のところ、探偵に相談・依頼をする方が調査力を一番の基準や条件にするのは少々難しいと言わざるを得ません。

最終的には担当者との面談

調査力という言葉からは尾行・張り込み・聞き込みの能力を思い浮かべますが、相談担当者にどれだけの知識やプランがあるか、 いかにして調査を成功させるかというプラン、世間一般の知識や法律・証拠能力を考慮した調査が実行できるかという点はかなり重要です。
担当者との相談や面談でそのあたりを見極めましょう。

このページの先頭へ